会社概要
製品情報
設備紹介
採用情報
お問い合わせ





ダイヤモンドの最大の特徴である「最高硬度」を利用して不可能を可能にするという方針で事業を推進しています。主な事業内容は、

1. 硬質・脆性材料の加工(コンクリート・サファイア・カーボン等)
2. 電子部品材料の加工(結晶シリコン・フェライト・クォーツ・石英ガラス・セラミック等)
3. 1、2における大型材料の加工
4. 機械装置の製造販売(バンドソーマシン・研磨機等)
5. ダイヤモンド工具の製造販売(丸刃・ホイール・バンドソー等)

が挙げられます。また、上記以外でも次世代材料の加工試験やツールの開発を行っています。

 バンドソーマシン バンドソー  丸刃
   硬質・脆性材料の加工           バンドソーマシン                 カッティングソー   


設備はバンドソーマシンを中心に、ダイヤモンド工具を用いた切断・研磨機、その他の専用機、また、加工機だけでなく検査機器(表面粗さ測定器・3次元測定器・マイクロスコープ等)の環境も整えてい ます。

大型硬質・脆性材料の切断・研磨加工を中心に請負います。また、加工試験などがございましたらお気軽にご相談下さい。

      大型研磨機  シリコンのブロック加工  石英加工
         大判SIC板の平面研削加工        シリコンのブロック加工           大型石英の加工

→詳しくはこちら


質・脆性材料を切断・研磨するダイヤモンド工具と機械装置(バンドソーマシン)の製造販売を 行っています。また、主力製品以外に、以下に示す近未来技術にも力を入れています.

1. 太陽光発電用単結晶シリコン円柱の角ブロック切断および研磨(単結晶Si複合加工機)
  6インチ及び8インチの単結晶シリコン円柱を薄刃ダイヤカッターで
  角ブロック に切断、同時にダイヤ砥石で高精度に研磨仕上げする自動加工装置.

2. 大判石英ガラス板の研磨
  一辺2メートル内外の石英ガラス板を外径1000mm以上のダイヤ砥石で粗研・精研を
  連続 平面研削して厚み精度をミクロンにし、面粗さをナノクラスに仕上げる加工技術.

3. 鉄筋コンクリート建築物の大口径・長尺穿孔
  鉄筋コンクリート構造物(ダム壁・連続壁・地下埋設杭・原子力発電所など)が老朽化すると
  安全や環境に問題が多くなる。これらを解体撤去の際に、外径及び長さが1メートル以上の
  ダイヤビットで穿孔し、 コンクリートコアを抜取ることが可能なマックスビットマシン
  (商品名)は、 工事の安全と環境にやさしい工法で最も有用なダイヤ穿孔装置として
  普及させる。現在外径1メートル、長さ5メートルのコア取り出し可能。将来長さ20メートル
  以上も可能。

       自動Si加工装置  石英ガラス板研磨  マックスビット
             単結晶Si複合加工機        大判石英ガラス板の研磨             マックスビット

→詳しくはこちら